インプラントの予後はどのようなものですか? -インプラント Q&A

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > インプラントQ&A > 回答

回答

「無料メール相談」に寄せられたものの中から
代表的な質問を Q&A形式で紹介しています。
※掲載内容はプライバシー保護のため、一部修正しています。

● インプラントの予後はどのようなものですか?


約40年前に初めてスウェーデンのブローネン・マルクという医師が初めて骨とチタンが直接結合することを発見しました。
そのことを オッセオインテグレーション と呼びました。
そして骨と完全に結合するオッセオインテグレーションインプラントを開発しました。その時行ったインプラントは現在も機能しています。
とは言え、一生インプラントが使えるかどうかは個人差によるところが大きいかと思います。

インプラントがなく長持ちする条件
 ① タバコを吸っていない 。
 ② インプラント周囲を隅々まできれいに歯ブラシが行き届いている。
 ③ 糖尿病でない。
 ④ 歯軋りがない。
 ⑤ ストレスがない。
 ⑥ 唾液の分泌が正常である。
 ⑦ かみ合わせに異常が起こっていない。
 ⑧定期的に歯科クリニックでのメインテナンスを受けている。

上記のような条件が長く続くとインプラントも長期間の使用ができるかと思います。いずれにしても日頃の 手入れ と歯科医院での定期的なクリーニング( PMTC )は欠かせません。
歯のクリーニングはインプラントだけではなく全身の健康にもいい影響が出てくることが分かっています。