インプラントは自分の歯と同じように食事ができるのですか? -インプラント Q&A

サイトマップ


インプラント 東京

ご相談・ご連絡はお気軽に TEL:03-3673-1058

このサイト内を検索


東京 デンタルインプラントセンタートップ > インプラントQ&A > 回答

回答

「無料メール相談」に寄せられたものの中から
代表的な質問を Q&A形式で紹介しています。
※掲載内容はプライバシー保護のため、一部修正しています。

● インプラントは自分の歯と同じように食事ができるのですか?


インプラントは手術を行ってから顎の骨としっかり固定されるためには2ヶ月から3ヶ月の治癒期間が必要です。
インプラントは骨と然りと結合したことを確認した後に人工の歯を被せて完成です。
それ以後はご自分の歯と同じ感覚で食事ができるようになります。
ただし「100%同じ」とまではいかない場合もあります。
それは、天然の歯には「歯根膜」と言って約50ミクロンの骨と根っこを結びつける組織があります。
詳しくは 歯根膜 のページをご覧ください。
この組織は噛む力が加わると、その力をうまく逃がすように働き、歯や根っこに直接、強い力がかからないようになっています。
インプラントの周囲にはこの構造がありませんので、天然歯と同じように噛むためにはある程度の噛む練習が必要になります。
いずれにせよ、従来の方法(ブリッジ、入れ歯)などに比べれば格段に優れた治療法です。
ぜひ、治療をご検討されてはいかがでしょうか。